ミレニアム・パダワン号

全てのスターウォーズファンのためのブログ

好きな映画で英語学習!「スターウォーズ」で学ぶ冠詞aとtheの使い分け

Hello there, my fellow Star Wars friends!

I'm Chun Solo, captain of Millennium Padawan.

 

ということでいつもと少し変わって、今回は英語学習のための記事にしてみました!

 

“Your textbooks can deceive you; don't trust them. (参考書も問題集も君を惑わすんだ。これらを信じてはならん)

“Trust your feeling.” (直感を信じるんだ)

by Ben Kenobi?

 

というのは冗談としても、「好きこそものの上手なれ」です!

文脈が分かっていれば、英単語・文法の意味の飲み込みも早くなります!

 

Okay, Punch it!!

 

 

今回は英語の基礎だけど複雑な概念である「冠詞」を、スター・ウォーズで実際に使われた例を用いて解説します!

 

冠詞「a」と「the」の違いと使い分け

ズバリ...

「a」は不特定かつ単数のモノを指す時に、「the」は特定のモノを指す時に名詞の前に付けます。

 

 

たとえば、あなたがEP4で設計図を持って逃げ出したドロイド (droid) を探すストームトルーパーだとしましょう

 

そんなあなたにとって、同僚のトルーパーと探しているドロイドについて話す時は "the droid" となります。

なぜなら、帝国が探している特定「設計図を持っている」ドロイドだという共通の認識があるからです!

対して、そこらを動いているドロイドは、"a droid" でしかありません。

そのドロイドが「ドロイド」であるという認識しかないからです。

 

だからオビ=ワンは、"There aren't the droids you are looking for." (これらはお前たちが探しているドロイドではない) と言ったのです。

(ちなみに、the が日本語訳の下線部分の意味を持っています。そのため、この会話以前にドロイドを探してると言っていれば、you are looking for を省略して、These aren't the droids というだけで意味が通じます。)

 

このようにあるものに対して、会話してる人と既に「あの○○」という共通の認識がある場合は the を使いましょう!

 

例文で確認

・That's no moon. It's a space station.(あれは月でない。宇宙基地だ)

EP4で、オルデラーン跡地に到着した時点のオビ=ワン一行は、デス・スターに関して何も知りません。

そのため、デス・スターを「ただの宇宙基地」としか認識しないので a を使っています。

 

一方、『ローグ・ワン』でスパイから「惑星破壊兵器(planet killer)」の存在を知らされていたキャシアンが見れば、"That's the weapon he told me about."(あれが彼の言っていた兵器か)と言うでしょう。

 

・I have a bad feeling about this.(イヤな予感がする)

ただのイヤな予感」がしただけなので、a を使います。

 

この後、実際に毒ガスで暗殺未遂をくらったり、両脇の壁が迫って潰されそうになったりすれば、"The feeling I had a while ago was right."(さっき感じた予感は合っていた) などと言うことができます。

 

・May the Force be with you.(フォースと共にあらんことを)

番外編です。

force という単語は様々な意味を持ちますが、the Force と言えば「銀河を繋ぐエネルギー」のことを指します。

他には、ダークサイドも "the darkside" となります。

millennium-padawan.hatenablog.com

まとめ 

今回は、冠詞の a と the の使い分けを短めにまとめました。

正直、スターウォーズで英語学習する記事を書きたいとは思っていたのですが、方向性がイマイチつかめず。。

何が分かりやすくて役に立つのだろうか...

 

でも翻訳を通して、死んでしまっているセリフなどもあるので、その紹介なんかもできればと思っているので、また機会があれば!

 

 

それでは次に会う時まで、May the force be with you....

f:id:millennium-padawan:20190212215939j:plain